文右衛門蔵について

  • ブランドコンセプト
  • 名称のこと
  • 使用原料のこと
  • 製造方法のこと
  • デザインのこと

名称のこと

醤油づくりを始めたのは、明治6年のこと。
創業者である三代目・正田文右衛門が、館林の地に開いたしょうゆ蔵が原点です。
それから140年あまり。
私たちは「日本の食文化をもう一度原点から考え、本来あるべき姿を描きたい」
という想いから、新しいブランドに、当社の原点である創業者の名を冠しました。
三代目・文右衛門が興した「蔵」から、私たちは新しい一歩を踏み出します。

> 正田醤油の歴史はこちらから