パラダイス山元さんのおもてなしバトン

第八走者 石黒謙吾さん・由紀子さん

第九走者 パラダイス山元さん 第十走者 日和キッチン天野美紀さん・高橋清美さん

マンボミュージシャン、マン盆栽家元、入浴剤ソムリエ、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース、熊本県天草市観光大使と、活動は多岐にわたる。

・天野美紀
一級建築士事務所アトリエ・天工人、ブルースタジオを経て2010年に独立。デザイン事務所「株式会社アトリエイーゼロサン」を設立し、主に住宅・集合住宅のリノベーションを手掛ける。震災後、縁あって石巻に入り2012年「一般社団法人ISHINOMAKI2.0」理事に就任。2013年「石巻のおウチごはんとジビエ料理のレストラン/日和キッチン」を開業し、東京・石巻の二地域居住を実践している。
・高橋清美
2001年ドンク入社、2012年にficellパン教室を設立。2013年から日和キッチンの週末のシェフとしてベーカリーと、ジビエ料理を担当する。

パラダイス山元さんが選んだのは「和のソース」


石黒夫妻のレシピを前に
「おかひじきの豆腐ムース」
を食す氏(編集部撮影)

餃子王に君臨した口福の王子

人の心をほぐすようなスマイル顔の持ち主、マンボミュージシャンのパラダイス山元さんのもとに、石黒夫妻から届いた「おかひじきとお豆のお豆腐ムース」。
肉大好き人の体調を思ったヘルシーレシピに「ありがたいですねえ。これはおいしいで餃子います(ございます)」とにっこり。

 実はパラダイス山元さん、年中平常休業、年に数日しか臨時開苑しない蔓餃苑(まんぎょえん)と呼ばれる完全会員制の餃子店を持ち、オリジナリティあふれる餃子を堪能してもらうために自ら腕を振るう料理人でもある。おいしい物が人を幸せにすることを熟知している餃子の王様が、文右衛門蔵の味わいを活かすために熟考したレシピは、もちろん餃子!
繋ぐ先は、公認サンタクロースとして東日本大震災の義援金を届けたときに縁ができた石巻。その地で、震災後にオープンしたご飯処の日和キッチンだ。

会員制の門をくぐらなければ味わえない、とっておきの餃子が今、ここに公開される!


他にはない独自の
視点が痛快な著書


洋風テイストの素材が
今回の決め手

人にも味にも厚みを与えるのは絶妙なブレンド感

マンボミュージシャン以外にも、作詞・作曲家、DJ、マン盆栽家元、カーデザイナー、入浴剤ソムリエ、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表などなど、パラダイス山元さんはたくさんの顔を持つ。今や本業がどれだかと笑う氏だが、どれに対しても独自のこだわりを持ち、その表現に魅了される人は少なくない。


和の素材がブレンド
されたソースが餃子を待つ

「生き方の軸は?」尋ねると、「軸?それはブレブレですよ」大きく笑った後、「あ、他人がやっていないことをすることかな」。 人生一回限りだからもったいないと、やりたいと思ったことを実行する軽やかさ。「私にいい塩梅で、餌(テーマ)を投げてくれる人たちが周りに多勢いるんですよ」。

前ランナーの石黒謙吾氏もその一人でだが、パラダイス山元さんの著書に「パラダイス山元の飛行機の乗り方」(石黒謙吾プロデュース・編集/ダイヤモンド社)がある。
空港から一歩も出ない観光、マイルの貯め方などを「理由がなくても飛行機に乗る楽しさ」に変換した視点はどんな旅行ガイドブックにもない。1日の最多搭乗回数11回、1年間の最多搭乗回数1022回に達し、1年間ほぼ機内食だけで生活してみたという驚愕。一見ばかばかしそうな中に、氏の哲学と軸をみる。

マン盆栽家元としては、盆栽の鉢の上にフィギュアを添えて世界観を創る。ユーモアが決め手のマン盆栽に対し、伝統の盆栽に命をかける老人から猛烈な抗議がきたことも。「でも批判されたりすると、ますます燃えあがってしまうんですね」。

さて、次ランナー、日和キッチンさんに届けるオリジナル餃子。
「文右衛門蔵の醤油は何につけてもOKな感じ。でも和のソースは何にでもとはいかないと思いました。ソースだけれど和の味が強いので、洋の食材で互いを引き立たせましょう」。

エビの甘み、エビの中に潜むアボカド餡のマイルドさに、和のソースがピリッとほどよく刺激を与える。  
「いつか文右衛門蔵の醤油をベースにした蔓餃苑餃子会員専用醤油を開発したいですねえ(笑)」。餃子の味とエンターテイメント性を究める氏だけに、こちらも妄想がよぎる。  

「和のソースの素材ブレンド感に、私と通じるものを感じるんですよね」と言っていたパラダイス山元さんだが、なるほど、絶妙なブレンド感は、人にも味にも厚みを与えるんだと合点!


飛行機好きが高じて
天草エアラインの
リニューアルにも
(編集部撮影)


入浴剤ソムリエとしても
多彩な発案力を発揮
(編集部撮影)

「海鮮アボカド餃子」(3人分)

☆材料
大きなエビ 9匹
アボカド 1/3個
ひき肉 30g
餃子の皮(やや大きめ)9枚
A:塩 小1/2
  こしょう 小1/2
  ゴマ油 小1/2
  醤油 小1/2
  紹興酒 小3
  生姜(すりおろし) 少量
オリーブオイル 少量

和のソース 適量

☆作り方
1)アボガドとひき肉を混ぜ、Aを加え、さらに混ぜる
2)背開きにしたエビに、1の具をのせ、エビの尾が出るように皮を巻く
*しっかり巻くのがポイント
3)フライパンにオリーブオイルを敷き、餃子を並べる
4)そこに焦げ目がついたら熱湯(1/3カップ)を入れて蓋をする
5)水分がとんだら、オリーブオイルを回しかける。
6)和のソースにつけて、食べる


シンクロナイズドスイミングか金の鯱(しゃちほこ)か、共存する豪快さと美しさ

「文右衛門蔵 和のソース」はいかがでしたか?

和の素材がたくさん入っていていいですね。
山椒や胡麻など香辛料の混ぜこぜ具合が好きです。
食べてしばらくしてから、
味覚がリフレインしてくるのもいいんですねえ。

おもてなしバトンを日和キッチンさんへ

前回は公認サンタクロース代表で石巻に行きましたが、今回はバトンランナーとして、「おいしい幸せ」を繋げます。山海の幸が豊富な石巻で何を作られるのか楽しみで餃子います。お店で海鮮アボカド餃子もお披露目ください。

取材・文/山本詩野 写真/松本祥孝

あの人のおもてなしバトン 走者一覧へ

Facebookページに「いいね!」して、おいしいバトンの最新情報を受け取りましょう!